忍者ブログ
現役馬たちのお部屋
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

グリーンW
引き続きウォーキングマシンで運動(70分間)を行いながら、右前脚のケアを入念に行っています。
このあとは夏を過ごしやすい山元TCでリハビリを進めていくつもりで、移動の段取りがつき次第、山元TCへの移動を予定しています。
現在の馬体重は488kgです。
PR
グリーンW
放牧後は患部にショックウェーブを当てて回復を促しています。
歩様に違和感もないことから既にウォーキングマシン運動を開始しており、現在は1日70分間行っています。
しばらくの間はこのペースで回復の経過を看ていくことになります。現在の馬体重は479kgです。
グリーンW
5/24(土)にグリーンウッドトレーニングへ放牧に出て、無事到着しています。
まずは患部のケアに専念し、早期回復できるよう努めます。
栗東TC
引き続き右前脚の骨瘤のケアを継続していましたが、念のため本日5/23(金)に患部のレントゲン検査を行いました。
その結果、管骨の内側にわずかながら骨折線が認められ、JRAの獣医師からは全治3ヶ月以上の診断が下りました。
今後は明日5/24(土)にグリーンウッドトレーニングへ放牧に出して、3歳未勝利戦の番組が組まれている期間内での復帰を目指すこととなりますが、時間的に間に合うかどうかは微妙といわざるを得ません。
骨折箇所の回復具合をみながらですが、3歳未勝利戦への出走が間に合わないと判断した場合は、いったんJRAの競走馬登録を抹消して地方競馬へ転籍させて、JRAへの再登録を目指す方法をとることになります。
栗東TC
この中間も右前脚の骨瘤が完全には治まっていないため、患部をしっかりケアしながら負担の少ないプール運動で調整しています。
今後も引き続き脚元の回復をみながら、次の出走を目指して厩舎で調整を進めていきます。
栗東TC
レース後は右前脚の骨瘤を少し気にしていることから、プール調教を行っています。
優先出走権はとれませんでしたが、このまま厩舎に置いて調整して、次走を目指していくつもりです。
5/10(土)京都5R・芝2000m戦にウィリアムズ騎手で出走、馬体重は前走から+2の460Kgでした。
レースは、ボコッとしたスタートでしたが、その後行き脚をつけて先団グループのうしろに取り付いていきました。
3〜4コーナーでは前に馬を置いて息を入れ、直線を迎えると内の進路に切り替えて前へと進出を図りましたが、最後は勝ち馬と0.6秒差の6着での入線でした。
レース後、ウィリアムズ騎手は「これまでのレースを確認し、ゲートが良くなかったので気をつけてはいたのですが、ゲート内でずっと動いていて良いスタートを切れませんでした。それでもここ2戦よりはマシでしたし、その後は好位につけてレースの流れにも乗れました。ただ、3〜4コーナーで前が狭くなってスムーズさを欠いてしまった分、直線でも伸びかけたのですがもうひとつスピードに乗り切れませんでした。まだ心身ともに子供っぽいところがありますし、成長してくれれば良い競馬ができるはずです」とコメントしており、
角居厩舎の池添学技術調教師は「調教ではハミを噛むところがありますが、実戦にいくとハミを抜いたりする面があります。そのあたりの課題が解消されれば、最後の脚色はもっと切れ味を増すはずです」と話していました。
栗東TC
レース後も脚元を含めて馬体に異常ありませんでした。
次走は中1週で来週5/10(土)京都・芝2000m戦への出走を予定しています。
4/26(土)京都5R・芝1800m戦に秋山騎手で出走、馬体重は増減なしの458kgでした。
スタートからのダッシュはあまりよくなく、後方からの追走になりました。
道中は中団後方の最内につけ、勝負どころから鞍上が気合いをつけて少しずつ前との差を詰めていきました。
直線では最内から追い出すとジリジリと伸び脚を見せていましたが、先に抜け出していた馬に届くほどの伸びではなく、勝ち馬から1秒5差の5着まででした。
騎乗した秋山騎手は「自分から走っていかないところがあり、道中は促されてやっと走っている感じでした。レースに使いながら、もう少し前向きなところを見せてきてくれたら、さらによくなってくると思うのですが……。また今日の追走ぶりだと、これ以上は距離を短くしないほうがいいかもしれませんね」とコメントしています。
栗東TC
今週4/26(土)京都・芝1800m戦に秋山騎手で出走する予定です。想定からは除外はありません。
本日4/23(水)は坂路コースで追い切られ、半マイル53.1-38.7-25.1-12.5の時計をマークしました。
帯ズレの影響で少しレース間隔が開きましたが、しっかりと乗り込んでおり力を出せる態勢は整っています。
気性面の幼さが残りますので、道中スムーズに運べるかどうかがカギとなりそうです。
HOMENext ≫
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
アクセス解析
ブログ内検索
年度別成績
●2013年度 133戦7勝
(中央1勝・地方6勝)
主な活躍馬: ソウルフルヴォイス
ブロンドヒロイン
キタノファイター

●2012年度 107戦6勝
(中央1勝・地方5勝)
主な活躍馬: アンコールピース
サイキョウアサカゼ
サクセスフルロール

●2011年度 139戦9勝
(中央7勝・地方2勝)
主な活躍馬: トリビュートソング
アブソリュート
センターステージ

●2010年度 136戦7勝
(中央5勝・地方2勝)
主な活躍馬: ソウルフルヴォイス
トリビュートソング
アブソリュート
ベストロケーション

●2009年度 165戦12勝
(中央8勝・地方4勝)
主な活躍馬: アブソリュート
スクリーンヒーロー
ベストロケーション

●2008年度 193戦22勝
(中央13勝・地方9勝)
主な活躍馬: スクリーンヒーロー
マルカラスカル

●2007年度 187戦17勝
(中央6勝・地方11勝)
主な活躍馬: スクリーンヒーロー
アブソリュート

●2006年度 124戦15勝
(中央6勝・地方9勝)
主な活躍馬: マルカラスカル
地セットフレイズ

●2005年度 102戦22勝
(中央9勝・地方13勝)
主な活躍馬: マルカラスカル
地トリッドザボード

●2004年度 52戦10勝
(中央3勝・地方7勝)
主な活躍馬: プライムアクトレス
地アマビリータ

●2003年度 23戦2勝
主な活躍馬: アクトナチュラリー

●2002年度 23戦4勝
主な活躍馬: アクトナチュラリー
ヴァクストゥーム

●2001年度 33戦1勝
主な活躍馬: ステージトゥラン

●2000年度 12戦1勝
主な活躍馬: サイキョウロマン
カウンター
現役馬一覧
【地】サイキョウアサカゼ
Saikyo Asakaze
牡8 高知・田中 守
キングカメハメハ×サイキョウロマン


ステージナーヴ
Stage Nerve
セ5 金沢・金田 一昌
ファルブラヴ×プライムステージ

【地】キャノンボール
Cannonball
セ4 園田・寺嶋 正勝
エアジハード×アマビリータ

【地】パフォームワンダー
Perform Wonder
牡4 園田・中塚 猛
グラスワンダー×プライムアクトレス

ギンマクノヒロイン
Gimmakuno Heroine
牝3 美浦・小島 茂之
グラスワンダー×プライムステージ


デュエット
Duet
牝3 美浦・武井 亮
コンデュイット×ランニングヒロイン

トレモロアーム
Tremolo Arm
牡3 栗東・角居 勝彦
ディープインパクト×トレアンサンブル


【地】アリーベルファム
Allie Belle Femme
牝3 川崎・田島 寿一
ファスリエフ×サイキョウロマン


キネオキャノン
Kineo Cannon
牡3 栗東・西園 正都
ストラヴィンスキー×アマビリータ

プライムグローリー
Prime Glory
牡3 栗東・岡田稲男
タニノギムレット×プライムアクトレス

エフティコゼット
F T Cosette
牝3 美浦・粕谷 昌央
ジャングルポケット×エフティアクトレス


【地】フレアーバーテンダー
Flair Bartender
牡3 川崎・ 山崎 尋美
グラスワンダー×カクテルラウンジ

【地】キタノファイター
Kitano Fighter
牡3 笠松・町野 良隆
ストーミングホーム×サイキョウヒカリ

デルマコテツ
Derma Kotetsu
牡3 美浦・黒岩 陽一
グラスワンダー×プラチナキャスト

ナイスエモーション
Nice Emotion
牝3 美浦・粕谷 昌央
デュランダル×フィールフィット



ミチェラーダ
Michelada
牝2 大井・藤田 輝信
メイショウサムソン×カクテルラウンジ


アーカイブ

Copyright © [ すきすきチャンプ@現役馬たちのお部屋 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログでアクセスアップ - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]