忍者ブログ
現役馬たちのお部屋
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

美浦TC     
前走レース後は全体的な疲れがあります。3歳未勝利戦の番組終了に伴い、今後は格上500万下クラスへの出走を余儀なくされますが、500万下クラスでは未勝利馬は真っ先に除外対象となって、満足な出走機会を得られない状況が予想されます。
デビューからこれまでの4戦を振り返ってみると、4着が1回あるほかは着外に終っており、この先格上の500万下クラスで戦っていくには苦戦は免れないといえます。
また、管理する後藤調教師からも「何とか4回使うことができたけど、トモが弱くて、これ以上の期待はかけづらい」とのアドバイスがあり、協議の結果、前走を最後に本馬を引退させることと決定いたしました。

PR
9 月20日(土)中山・ダート1800m(牝馬限定)戦に後藤騎手54kgで出走、馬体重は前走から2kg増の522kgでした。
レースではスタートから押していってハナを主張、単騎逃げの形に持ち込みました。
ペースを落として上手く立ち回った印象ですが、直線に入る所のコーナーワークで少し膨らんでしまいました。
すぐに後続に捕まって後退していき、最後は勝ち馬から3.9秒差の10着に敗れています。
レース後、後藤騎手は「ハナに行ってみたけど、ずっと右側を物見する感じで走っていました」とのコメント、
それを受けて後藤調教師は「トモに疲れがあって、多少傾いで走っていたのかもしれません。
短い距離ではスピード不足で、本質的にはダート1800mのタイプだと思いますが、きょうは完全にバテてしまったし、底力が不足していた感じですね」と肩を落として話していました。
未勝利戦として最後の出走機会となったこのレースで、残念ながら勝ち上がることはできませんでした。今後については、調教師と慎重に協議を重ねて判断することにします。

美浦TC    
今週9月20日(土)中山・ダート1800m(牝馬限定)戦に後藤騎手54kgで出走が確定しています。
同レースは最終的にフルゲートの16頭立てとなりました。きのう(水)馬なりで54秒程度を追われて調整されました。
併せた馬に先行して先着しており、それほど速い時計ではありませんが動き自体は上々のものでした。
この中間も好調をキープしており、さらなる前進の期待をこめてレースに臨みます。

美浦TC    
レース後も変わりありません。次走は来週9月20日(土)中山・ダート1800m(牝馬限定)戦を予定しています。

9 月6日(土)新潟のダート1200m(牝馬限定戦)に3kg減の宮崎北斗騎手51kgで出走、馬体重は前走からプラス22kgの520kgでした。
レースでは最内枠でしたがきっちりとスタートを決めると、楽に4番手につけました。
3コーナー付近で3番手にポジションを押し上げて、直線に入ってすぐに騎手の右ムチが入りました。
前を捉えるような勢いでしたが、直線半ばで脚が止まってしまい、勝ち馬からは1秒差の4着でゴールしています。
レース後、宮崎北斗騎手は「攻め馬の段階から変わってきていると感じていましたし、レースでもスタートが良くて楽にあの位置につけられました。ただ、内めのポケットに入ってしまい、動きたいけど動けない形でした。
そこから同じ脚色になりましたが、進歩が見られるレース内容だったと思います」、
後藤調教師は「ようやく基礎体力が備わり、調教の動きと実戦とが噛み合ってきました。限定未勝利戦に勝負を賭けます」と語ってくれました。

美浦TC    
今週9月6日(土)新潟・ダート1200m(牝馬限定)戦に減量3kg宮崎北斗騎手51kgで出走が確定しています。
この中間も順調です。先週の追い切りでも動きましたが、きのう(水)の追い切りも良い動きを見せてくれました。
ここにきて急上昇している印象で、どのような競馬を見せてくれるか楽しみです。

美浦TC    
この中間も変わりなく調整してきており、来週9月6日(土)新潟のダート1200m(牝馬限定)戦に出走の予定です。
騎乗者については減量騎手を考えていますが、現在のところ調整中です。
きのう(水)坂路で追われて上がり11.7秒で駆け抜けています。

美浦TC    
先週(木)帰厩後は順調で、来週8月31日(日)か翌週9月6日(土)の、新潟・ダート1200m戦に出走を予定しています。
この距離であれば、より好結果が望めそうな3kgの減量騎手をあたってみることにします。
今週は、きのう(水)に坂路で速めを行いました。

美浦TC    
外厩で順調に調整されて、本日8月14日(木)美浦TCへ帰厩しました。新潟後半戦への出走を目指します。

外厩    
この中間も美浦TC近くの外厩・オークヒルFで順調に調整されています。
来週8月7日前後に美浦TC帰厩を予定しています。

HOMENext ≫
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
アクセス解析
ブログ内検索
年度別成績
●2013年度 133戦7勝
(中央1勝・地方6勝)
主な活躍馬: ソウルフルヴォイス
ブロンドヒロイン
キタノファイター

●2012年度 107戦6勝
(中央1勝・地方5勝)
主な活躍馬: アンコールピース
サイキョウアサカゼ
サクセスフルロール

●2011年度 139戦9勝
(中央7勝・地方2勝)
主な活躍馬: トリビュートソング
アブソリュート
センターステージ

●2010年度 136戦7勝
(中央5勝・地方2勝)
主な活躍馬: ソウルフルヴォイス
トリビュートソング
アブソリュート
ベストロケーション

●2009年度 165戦12勝
(中央8勝・地方4勝)
主な活躍馬: アブソリュート
スクリーンヒーロー
ベストロケーション

●2008年度 193戦22勝
(中央13勝・地方9勝)
主な活躍馬: スクリーンヒーロー
マルカラスカル

●2007年度 187戦17勝
(中央6勝・地方11勝)
主な活躍馬: スクリーンヒーロー
アブソリュート

●2006年度 124戦15勝
(中央6勝・地方9勝)
主な活躍馬: マルカラスカル
地セットフレイズ

●2005年度 102戦22勝
(中央9勝・地方13勝)
主な活躍馬: マルカラスカル
地トリッドザボード

●2004年度 52戦10勝
(中央3勝・地方7勝)
主な活躍馬: プライムアクトレス
地アマビリータ

●2003年度 23戦2勝
主な活躍馬: アクトナチュラリー

●2002年度 23戦4勝
主な活躍馬: アクトナチュラリー
ヴァクストゥーム

●2001年度 33戦1勝
主な活躍馬: ステージトゥラン

●2000年度 12戦1勝
主な活躍馬: サイキョウロマン
カウンター
現役馬一覧
【地】サイキョウアサカゼ
Saikyo Asakaze
牡8 高知・田中 守
キングカメハメハ×サイキョウロマン


ステージナーヴ
Stage Nerve
セ5 金沢・金田 一昌
ファルブラヴ×プライムステージ

【地】キャノンボール
Cannonball
セ4 園田・寺嶋 正勝
エアジハード×アマビリータ

【地】パフォームワンダー
Perform Wonder
牡4 園田・中塚 猛
グラスワンダー×プライムアクトレス

ギンマクノヒロイン
Gimmakuno Heroine
牝3 美浦・小島 茂之
グラスワンダー×プライムステージ


デュエット
Duet
牝3 美浦・武井 亮
コンデュイット×ランニングヒロイン

トレモロアーム
Tremolo Arm
牡3 栗東・角居 勝彦
ディープインパクト×トレアンサンブル


【地】アリーベルファム
Allie Belle Femme
牝3 川崎・田島 寿一
ファスリエフ×サイキョウロマン


キネオキャノン
Kineo Cannon
牡3 栗東・西園 正都
ストラヴィンスキー×アマビリータ

プライムグローリー
Prime Glory
牡3 栗東・岡田稲男
タニノギムレット×プライムアクトレス

エフティコゼット
F T Cosette
牝3 美浦・粕谷 昌央
ジャングルポケット×エフティアクトレス


【地】フレアーバーテンダー
Flair Bartender
牡3 川崎・ 山崎 尋美
グラスワンダー×カクテルラウンジ

【地】キタノファイター
Kitano Fighter
牡3 笠松・町野 良隆
ストーミングホーム×サイキョウヒカリ

デルマコテツ
Derma Kotetsu
牡3 美浦・黒岩 陽一
グラスワンダー×プラチナキャスト

ナイスエモーション
Nice Emotion
牝3 美浦・粕谷 昌央
デュランダル×フィールフィット



ミチェラーダ
Michelada
牝2 大井・藤田 輝信
メイショウサムソン×カクテルラウンジ


アーカイブ

Copyright © [ すきすきチャンプ@現役馬たちのお部屋 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログでアクセスアップ - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]