忍者ブログ
現役馬たちのお部屋
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

美浦TC
前走レース後から右前を抑えた歩様をしているため、本日18日(水)午後に美浦TCでエコーによる精密検査を行いました。
その結果、右前脚浅屈腱の不全断裂が確認され、JRA獣医師より競走能力喪失の診断を受けてしまいました。
度重なる骨折を乗り越えて昨年12月の中山戦を好タイムで快勝して4勝目を挙げ、 残り少なくなった現役生活でもうひと花咲かせたいというところでのアクシデントです。
この結果を受けて武市調教師と協議を行い、ここで本馬の現役引退、繁殖入りを決定いたしました。
PR
美浦TC
レース後の上がり運動で右前を気にしていたため、すぐにレントゲン検査を行いましたが骨には異常ありませんでした。
もう一度、美浦TCで詳しい検査を行います。
1/15(日)京都9R・山科Sに出走、馬体重は460kg(-8)でした。
五分のスタートを切るとジワッと先行して、 3~4番手からの競馬となりました。
しかし、3コーナー過ぎから手応えが怪しくなって後退してしまい、直線は完全に一杯となって、勝ち馬から2.6秒差の14着と大敗しました。
騎乗した国分恭騎手からは「外枠だったので前に行くのに脚を使いましたし、ペースも速くてこの馬にとっては苦しい展開になりました。また、昇級戦ということもあったかもしれませんね。どうもすみませんでした」とのコメントがありました。
レース後しばらくして武市調教師から電話があり、「レース後の上がり運動で右前を気にして、首を使って歩いている感じがあります。大きな故障ではないと思いますが、美浦に帰ってから詳しく検査をしてみたいと思います」との報告がありました。
美浦TC
今週1月15日(日)京都・山科S(ダート1200m)に国分恭介騎手55kgで出走が確定しています。
先週(土)に坂路コースで追い切っていますので、きのう(水)、きょう(木)は15-15くらいの調整にとどめました。
スピードは1600万下クラスでも通用するはずです。
美浦TC
今週1月15日(日)京都・山科S(ダート1200m)に国分恭介騎手で出走を予定しています。
同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて23頭の出走表明があります。
本馬は前走で除外の権利を取得しているため、ここには出走が可能です。
先週(土)に坂路コースで53.2-38-7-25.3-エラーを消化していますので、きょう(水)は15-15程度の調整です。
美浦TC
今週1月5日(木)中山・初日の出S(ダート1200m)に出走予定していましたが、残念ながら抽選負け6頭のなかに入って、除外となってしまいました。
今後は来週1月15日(日)京都・山科S(ダート1200m)に目標を切り替えます。
前走後も順調に調整されており、良い雰囲気を維持しています。
美浦TC
年明け1月5日(木)中山・初日の出S(ダート1200m)に登録しました。
同レースはフルゲート16頭のところ、本馬を含めて27頭の登録があります。
美浦TC
レース後、脚元に少し熱感がありますが、それはレースを使う前と変わりありませんので心配いりません。
今週は軽めの運動にとどめ、次走に備えます。
このまま何もなければ1月5日(木)中山・初日の出S(ダート1200m)に向かいます。
初日の出Sを除外になった場合や前走の疲れが取れるのに時間がかかった場合 は1月15日(日)京都・山科S(ダート1200m)に向かうプランです。
12月18日(日)中山・ダート1200m戦に田辺騎手55kgで出走、馬体重は前走から増減なしの468kgでした。
互角のスタートから自分のリズムでじわっと内枠から先頭に立っていきました。
道中も手応え十分で、後続をひきつけながら直線を向くと、最後もしっかりとした脚どりで後続を封じて逃げ切っています。
2着馬とは1馬身半差、勝ち時計は1分10秒7でした。
なお、この勝利で通算4勝めを飾っています。
レース後、田辺騎手は「石橋脩騎手からは、溜めてもスパッと切れるわけではないと聞いていました。ゲートからの出次第で、行けるならば行こうと思っていましたが、スタートが良かったので積極的に先手を主張しました。スムーズな競馬ができましたし、最後まで脚色が鈍ることはありませんでしたね」と笑顔でコメントしてくれました。
美浦TC
今週12月18日(日)中山・ダート1200m戦に田辺騎手55kgで出走が確定しています。
きのう(水)は坂路コースで追い切りを行いましたが、タイム掲示がエラー表示でした。
昇級後、今一歩の2戦でしたが、リフレッシュ放牧を挟んで仕上がり状態に不安はありません。
500万下勝ちをした同じコースで、上 位の着順を狙います。
HOMENext ≫
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
アクセス解析
ブログ内検索
年度別成績
●2013年度 133戦7勝
(中央1勝・地方6勝)
主な活躍馬: ソウルフルヴォイス
ブロンドヒロイン
キタノファイター

●2012年度 107戦6勝
(中央1勝・地方5勝)
主な活躍馬: アンコールピース
サイキョウアサカゼ
サクセスフルロール

●2011年度 139戦9勝
(中央7勝・地方2勝)
主な活躍馬: トリビュートソング
アブソリュート
センターステージ

●2010年度 136戦7勝
(中央5勝・地方2勝)
主な活躍馬: ソウルフルヴォイス
トリビュートソング
アブソリュート
ベストロケーション

●2009年度 165戦12勝
(中央8勝・地方4勝)
主な活躍馬: アブソリュート
スクリーンヒーロー
ベストロケーション

●2008年度 193戦22勝
(中央13勝・地方9勝)
主な活躍馬: スクリーンヒーロー
マルカラスカル

●2007年度 187戦17勝
(中央6勝・地方11勝)
主な活躍馬: スクリーンヒーロー
アブソリュート

●2006年度 124戦15勝
(中央6勝・地方9勝)
主な活躍馬: マルカラスカル
地セットフレイズ

●2005年度 102戦22勝
(中央9勝・地方13勝)
主な活躍馬: マルカラスカル
地トリッドザボード

●2004年度 52戦10勝
(中央3勝・地方7勝)
主な活躍馬: プライムアクトレス
地アマビリータ

●2003年度 23戦2勝
主な活躍馬: アクトナチュラリー

●2002年度 23戦4勝
主な活躍馬: アクトナチュラリー
ヴァクストゥーム

●2001年度 33戦1勝
主な活躍馬: ステージトゥラン

●2000年度 12戦1勝
主な活躍馬: サイキョウロマン
カウンター
現役馬一覧
【地】サイキョウアサカゼ
Saikyo Asakaze
牡8 高知・田中 守
キングカメハメハ×サイキョウロマン


ステージナーヴ
Stage Nerve
セ5 金沢・金田 一昌
ファルブラヴ×プライムステージ

【地】キャノンボール
Cannonball
セ4 園田・寺嶋 正勝
エアジハード×アマビリータ

【地】パフォームワンダー
Perform Wonder
牡4 園田・中塚 猛
グラスワンダー×プライムアクトレス

ギンマクノヒロイン
Gimmakuno Heroine
牝3 美浦・小島 茂之
グラスワンダー×プライムステージ


デュエット
Duet
牝3 美浦・武井 亮
コンデュイット×ランニングヒロイン

トレモロアーム
Tremolo Arm
牡3 栗東・角居 勝彦
ディープインパクト×トレアンサンブル


【地】アリーベルファム
Allie Belle Femme
牝3 川崎・田島 寿一
ファスリエフ×サイキョウロマン


キネオキャノン
Kineo Cannon
牡3 栗東・西園 正都
ストラヴィンスキー×アマビリータ

プライムグローリー
Prime Glory
牡3 栗東・岡田稲男
タニノギムレット×プライムアクトレス

エフティコゼット
F T Cosette
牝3 美浦・粕谷 昌央
ジャングルポケット×エフティアクトレス


【地】フレアーバーテンダー
Flair Bartender
牡3 川崎・ 山崎 尋美
グラスワンダー×カクテルラウンジ

【地】キタノファイター
Kitano Fighter
牡3 笠松・町野 良隆
ストーミングホーム×サイキョウヒカリ

デルマコテツ
Derma Kotetsu
牡3 美浦・黒岩 陽一
グラスワンダー×プラチナキャスト

ナイスエモーション
Nice Emotion
牝3 美浦・粕谷 昌央
デュランダル×フィールフィット



ミチェラーダ
Michelada
牝2 大井・藤田 輝信
メイショウサムソン×カクテルラウンジ


アーカイブ

Copyright © [ すきすきチャンプ@現役馬たちのお部屋 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログでアクセスアップ - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]