忍者ブログ
現役馬たちのお部屋
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

美浦TC
田中調教師と今後について協議を行ったところ
「500万条件に上がってからの戦績が振るわず、このクラスで通用するにはやや力不足に思われます。夏になるとクラス編成で降級してくる馬との対戦になり、更に相手関係が厳しくなりますし、残念ではございますが、ここで引退させることにしたいと思います」との話があり、残念であるが引退させることになった。同馬は5月11日に馬名登録を抹消する。

PR
5月8日(土)新潟・芝1200m(若手騎手限定)に出走。馬体重は8キロ減の422キロ。
時折小脚を使い、横歩きをしたりしてやや気負い気味の周回。
馬体の張りなどは悪くなく、状態自体は悪くなさそう。
後半は多少落ち着きが出てきたが、ジョッキーが跨ると再度テンションが上がり気味となり、全馬の一番最後に付けて馬場に向かった。
馬場へ入ると返し馬には入らずに、1コーナーまで常歩で進み、軽くダグを踏み待避所の方へ向かった。
レースではスタートでタイミングが合わず、少し離された最後方からの競馬。徐々に上がって行き馬群の最後方に取り付いて3~4コーナーを周り直線に向かうが、思ったほど伸びること ができず14着。
レース後、田中博康騎手騎手は「ゲートでもたれかかってしまいスタートで出遅れてしまいました。最後もバテてはいませんが、伸びることも できませんでした」とのコメント。
また田中清隆調教師は「具合も悪くなく、もう少しやれると思っていただけに残念です」とのこと。
なお同馬は、ここのとこ ろ結果がともなわず、今回のレース内容も振るわなかったため、調教師と今後について協議を行う。
美浦TC
4月30日、田中清隆調教師は「うるさいところは相変わらずですが、引き続き順調にきています。出られるかどうかは分かりませんが来週には出走体勢も整い そうですので、除外にならなければ来週使いたいと思います」
とのことで、除外にならなければ5月8日(土)新潟・芝1200m(若手騎手限定)に出走の予定。

美浦TC
4月14日に美浦TCへ帰厩。
22日、田中清隆調教師は「今週坂路で時計を出しました。このまま調整を続けて新潟2週目か3週目での出走を考えています」 とのこと。
また同馬はここのところ結果がともなっていないため、レース内容によっては調教師と今後について協議する可能性がある。

美浦TC
4月14日、田中清隆調教師は「体もフックラしてきましたし、芝のレースも増えてきましたので、本日帰厩させました。このまま調整を続けて、新潟で出走させたいと思います」とのことで、4月14日に美浦TCへ帰厩している。

山元TC
引き続き普通キャンター中心に調整が行われている。
4月1日、牧場担当者は「少し楽をさせたせいもあり、体がフックラして状態は良さそうです。体が減りす ぎないように、徐々にペースを上げて乗り込んでいこうと思います」とのことで、帰厩に向けて徐々にペースを上げていく。
3月29日現在の馬体重は440キ ロ。

山元TC
3月11日に山元TCへ短期放牧のため移動。
18日牧場担当者は「いつもの出走後に比べ、今回はそれほど大きな疲れもないようです。具合を見て進めていきます」とのことで、体を戻しつつ調整を行っていく。

山元TC
「レース後も脚元に問題はありませんが少しテンションが高めです。落ち着かせつつ、出馬投票の状況を見ながら放牧に出すのかどうか決めたいと思います」とのことだったが、
馬に落ち着きも出てきたため、3月11日に山元TCへ短期放牧に出ている。


3月7日(日)中京・芝1200mに出走。馬体重は14キロ増の430キロ。馬体増も太目感はなく、この馬なりに状態は良さそう。
レースでは、スタートで 出遅れてしまい後方からの競馬。
3~4コーナーを後方2番手で周り直線へ向かうと、馬場の外目をジワジワと伸びて12着。
レース後、大野騎手は「スタートで遅れてしまいましたが、最後も差を詰めてきているようにスタートが普通に出られていれば、掲示板くらいはあってもおかしくありませんでした。今日のような馬場も問題ありません」とのコメント。
また田中調教師は「今日はスタートがすべてでした。具合も悪くなかっただけに残念です」とのこと。
美浦TC
3月3日、田中調教師は「この馬なりに順調にきています。特別戦も平場も出られそうなので、相手関係などを見て最終的にどちらに出走させるのかを決めようと思います」とのことで、
3月7日(日)中京・芝1200mに出走することになった。
HOMENext ≫
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
アクセス解析
ブログ内検索
年度別成績
●2013年度 133戦7勝
(中央1勝・地方6勝)
主な活躍馬: ソウルフルヴォイス
ブロンドヒロイン
キタノファイター

●2012年度 107戦6勝
(中央1勝・地方5勝)
主な活躍馬: アンコールピース
サイキョウアサカゼ
サクセスフルロール

●2011年度 139戦9勝
(中央7勝・地方2勝)
主な活躍馬: トリビュートソング
アブソリュート
センターステージ

●2010年度 136戦7勝
(中央5勝・地方2勝)
主な活躍馬: ソウルフルヴォイス
トリビュートソング
アブソリュート
ベストロケーション

●2009年度 165戦12勝
(中央8勝・地方4勝)
主な活躍馬: アブソリュート
スクリーンヒーロー
ベストロケーション

●2008年度 193戦22勝
(中央13勝・地方9勝)
主な活躍馬: スクリーンヒーロー
マルカラスカル

●2007年度 187戦17勝
(中央6勝・地方11勝)
主な活躍馬: スクリーンヒーロー
アブソリュート

●2006年度 124戦15勝
(中央6勝・地方9勝)
主な活躍馬: マルカラスカル
地セットフレイズ

●2005年度 102戦22勝
(中央9勝・地方13勝)
主な活躍馬: マルカラスカル
地トリッドザボード

●2004年度 52戦10勝
(中央3勝・地方7勝)
主な活躍馬: プライムアクトレス
地アマビリータ

●2003年度 23戦2勝
主な活躍馬: アクトナチュラリー

●2002年度 23戦4勝
主な活躍馬: アクトナチュラリー
ヴァクストゥーム

●2001年度 33戦1勝
主な活躍馬: ステージトゥラン

●2000年度 12戦1勝
主な活躍馬: サイキョウロマン
カウンター
現役馬一覧
【地】サイキョウアサカゼ
Saikyo Asakaze
牡8 高知・田中 守
キングカメハメハ×サイキョウロマン


ステージナーヴ
Stage Nerve
セ5 金沢・金田 一昌
ファルブラヴ×プライムステージ

【地】キャノンボール
Cannonball
セ4 園田・寺嶋 正勝
エアジハード×アマビリータ

【地】パフォームワンダー
Perform Wonder
牡4 園田・中塚 猛
グラスワンダー×プライムアクトレス

ギンマクノヒロイン
Gimmakuno Heroine
牝3 美浦・小島 茂之
グラスワンダー×プライムステージ


デュエット
Duet
牝3 美浦・武井 亮
コンデュイット×ランニングヒロイン

トレモロアーム
Tremolo Arm
牡3 栗東・角居 勝彦
ディープインパクト×トレアンサンブル


【地】アリーベルファム
Allie Belle Femme
牝3 川崎・田島 寿一
ファスリエフ×サイキョウロマン


キネオキャノン
Kineo Cannon
牡3 栗東・西園 正都
ストラヴィンスキー×アマビリータ

プライムグローリー
Prime Glory
牡3 栗東・岡田稲男
タニノギムレット×プライムアクトレス

エフティコゼット
F T Cosette
牝3 美浦・粕谷 昌央
ジャングルポケット×エフティアクトレス


【地】フレアーバーテンダー
Flair Bartender
牡3 川崎・ 山崎 尋美
グラスワンダー×カクテルラウンジ

【地】キタノファイター
Kitano Fighter
牡3 笠松・町野 良隆
ストーミングホーム×サイキョウヒカリ

デルマコテツ
Derma Kotetsu
牡3 美浦・黒岩 陽一
グラスワンダー×プラチナキャスト

ナイスエモーション
Nice Emotion
牝3 美浦・粕谷 昌央
デュランダル×フィールフィット



ミチェラーダ
Michelada
牝2 大井・藤田 輝信
メイショウサムソン×カクテルラウンジ


アーカイブ

Copyright © [ すきすきチャンプ@現役馬たちのお部屋 ] All rights reserved.
Special Template : 忍者ブログでアクセスアップ - Design up blog
Special Thanks : 忍者ブログ
Commercial message : [PR]